ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.12.11 Monday

『限りなく透明に近いブルー』 と 『福生』

 

芥川賞といえば、又吉直樹さんの『火花』が2015年の受賞で注目されたが、

 

1976年には、村上龍さんが『限りなく透明に近いブルー』で受賞されてる。

 

20代の頃過ごした、村上龍氏の『ハウス』での体験が元になっていると言われる。

 

その頃のハウスには様々な日本人が住み、活気あふれていた。

 

 

ミュージシャンや美大生、絵描き、髪の長〜いフリーな人たち。

 

自分もデザインの学校に行きながら、そんな人たちに囲まれ、刺激を受けていた。

 

『限りなく透明に近いブルー』が注目されて、その当時の先生(佐藤晃一さん)から

 

その本のポスターを作るというのが課題に上ったことがある。

 

クラスの友人が、その課題に福生のハウスで、写真を撮りたいと言い出し、

 

誰かを紹介して、と言われて、福生のMちゃんにコンタクトを取り、

 

ハウスの知り合いの家(ミュージシャンの人)を借りた。

 

ワゴン車で乗り込んで福生に行き、女の子をモデルに写真を撮影した。

 

ん〜そのポスターの出来はどうだったか、すっかり忘れてしまった。

 

自分がその課題にどう取り組んだのかも曖昧。確かコラージュで作ったと思う。

 

 

 

 

そして福生といえば『大瀧 詠一』さんが有名ですよね。

 

正確に言えば、『福生』というより隣の『瑞穂町』にあるハウス。

 

なぜか最近、ウォーキングとジョギングをしながら

 

YouTubeで『はっぴいえんど』ばかり聞いていて、

 

大瀧 詠一さんのアルバムまで聞き、いい声だな〜と聞き惚れてる。

 

で、ふと『限りなく透明に近いブルー』のことまで思い出した。

 

 

 

 

その当時のデザイン学校の友達も先生も、大瀧 詠一さんも、今いなくて寂しいな〜

 

と感傷的にもなりながら・・・

 

スタスタ歩き、走るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.04 Monday

『親子でたのしむうたあそびこんさーと』と『石神井公園』

 

『練馬区保育園父母連合会』企画でのコンサートに

 

『フォークグループあじさい』が招かれ、親子を対象にしたコンサートに参加してきました。

 

およそ1時間のコンサートに220人ほどの来場があったようで、ホッとしました。

 

 

親子を対象としたコンサートなので女性陣を中心に曲を選定。

 

やはり子どもたちが知ってる曲では盛り上がりがすごかったです。

 

 

 

当日のプログラムは

 

・夜明け

・いなかに行こう

・ヨーデル食べ放題

・ジブリメドレー

(カントリーロード・やさしさに包まれたなら・ひこうきぐも・さんぽ)

・ハレルヤ

・森のクリスマス

・地球にプレゼント

・ユメカシーラ

・虹

・新しい明日へ

 

 

会場を後にする親子さんに、メンバーもご挨拶。

 

ニコニコ握手する子どもたちの手が小さくて、微笑ましかったです!

 

普段とは違う感じのライブでこちらも楽しめました。

 

招待してくださったスタッフの皆さんに感謝!です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

終わってから、お疲れさん会も含め、石神井公園に移動しました。

 

久々の公園内は紅葉で綺麗な時期でした。

 

 

 

昔、公園内の一角には『石神井ホテル』と称された、

 

割烹旅館のようなものがあったそうだ。

 

そこではいろんな歴史があったようです。

 

今度、調べてみようかな・・・

 

 

 

しかし、帰りに行った『石神井公園駅』周辺の変わりようにはびっくり。

 

素朴な時の風景しか知らなかったので・・・

 

それほど行ってなかったんだな〜

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.01 Friday

日本語でロック!

 

1970年代には『日本語』で『ロック』を歌うことについて

 

日本語では歌うべきではない!というような論争があった。

 

海外進出を目指していた内田裕也さんが『日本語でロック』の反対だったようなことを聞く。

 

時代的にその頃は日本語で自分の身近なことを歌うフォークソングも盛んで

 

URCレコードに属するミュージシャンにワクワクしてた時代だ。

 

 

そんな中、ロックでは、やはり『はっぴいえんど』の日本語でロックを歌う曲には

 

いまだに新鮮で、感銘を受ける曲がたくさんある。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『フォークグループあじさい』も『フォークグループ』とついてるが

 

最近はエレキも入るし、ドラムも入り、どちらかというと

 

『アコースティックバンド』という風に紹介してもらう。

 

で、『日本語』でもちろん歌います。

 

今週末は

 

『親子でたのしむうたあそびこんさーと』に出演ですよ〜

 

練馬区教育委員会委託 ねりま遊遊スクール

親子でたのしむ

うたあそびこんさーと

平成29年12月3日(日)11時〜12時

練馬区立生涯学習センターホール

対象:0歳から6歳までのお子さんと保護者

定員300名 入場無料

申込方法:当日会場受付

企画:練馬区保育園父母連合会

 

 

 

 

 

2017.11.24 Friday

ザ・チーフタンズ来日公演に行ってきた

 

ザ・チーフタンズの結成55周年記念ツアーにあじさいメンバーで行ってきた。

 

場所は所沢にある「ミューズ アークホール」。航空公園駅で降りていく。

 

 

 

ホールは日本最大級のパイプオルガンを備えたシンフォニーホール。

 

軽快なケルト音楽が次から次へと繰り広げられ、超絶のダンスがステップを踏む。

 

久々に良い音楽に触れて、気持ちの良い日でした。

 

 

ゲストに『ハンバートハンバート』。 相変わらず歌声がいいな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.20 Monday

イマジン ピース コンサートに参加してきました

 

11月19日の日曜日、練馬のココネリ(練馬区民産業プラザ)にての

 

『イマジン ピース コンサート』に参加してきました。

 

 

一部が午後2時から始まり、入れ替え制にて二部が5時から。

 

『フォークグループあじさい』は二部の最後のトリを務めてきました。

 

では、その様子を・・・

 

 

『東京土建練馬支部合唱団コスモス』

 

 

『新婦人光が丘21班 オカリナサークル こもれび

 

 

『新婦人コーラス・ミール』

 

 

『新村一成』

 

 

『ねりまぞうれっしゃ合唱団』

 

 

『ゆうたなおこ』

 

 

『まんなかPEACE BAND』

 

 

『練馬ティーチャーズ』

 

 

『光が丘ドーンズ』

 

 

『練馬・だいこん座』

 

 

『江戸端唄・松永会 松永花悠』

 

 

『めだか大学』

 

 

『フォークグループあじさい』

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『フォークグループあじさい』は12月3日は

 

『親子でたのしむうたあそびこんさーと』に出演ですよ〜

 

練馬区教育委員会委託 ねりま遊遊スクール

親子でたのしむ

うたあそびこんさーと

平成29年12月3日(日)11時〜12時

練馬区立生涯学習センターホール

対象:0歳から6歳までのお子さんと保護者

定員300名 入場無料

申込方法:当日会場受付

企画:練馬区保育園父母連合会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.13 Monday

イマジン ピース コンサート お知らせ

 

11月19日の日曜日、練馬のココネリ(練馬区民産業プラザ)にて

 

『イマジン ピース コンサート』に参加します。

 

 

 

 

『フォークグループあじさい』の出演は夜の部になります。

 

あじさいのCD『晴れたときには』の監修のミュージシャン

 

ゆうたさんも『ゆうたなおこ』にて出演します。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『フォークグループあじさい』は12月3日の

 

『親子でたのしむうたあそびこんさーと』に出演! と続きます!

 

この前、そのホールにて打ち合わせ&リハしました。

 

 

 

 

この場所は「練馬区立生涯学習センターホール」です。

 

しげるちゃん、サンタさんになるために、あごひげを伸ばし中です!

 

さてさて、どんな仕上がりになりますか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.13 Monday

歌と語り『ゴロー&サマディ ライブ』に行ってきた。

 

毎回、あじさいライブにて司会をしてもらってる三摩地さんと

 

中川五郎さんの『ゴロー&サマディ ライブ』に行ってきた。

 

 

 

場所は労音御茶ノ水センター。会場には音楽仲間と友人がすでにスタンバイ。

 

 

 

三摩地さんは語りと無伴奏での歌でいつもの『三摩地ワールド』を繰り広げ、

 

中川五郎さんはギターの弾き語りと、共感出来るお話でつなぎ、

 

熱いステージで舞台を盛り上げていていました。

 

 

中川五郎さんの『今を見る視点』とそれを『歌い続ける』姿にはグッときます。

 

 

 

その後は残った人たちで打ち上げです!

 

 

新しい二枚組のCD『どうぞ裸になって下さい』にサインしてもらいました。

 

 

 

 

この日の会場『労音御茶ノ水センター』は残念ながら今年いっぱいで

 

このような催しの使用ができなくなってしまいます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.03 Friday

福生ブルースフェスティバル

 

用事があって福生に行くと

 

『福生ブルースフェスティバル』が

 

東福生駅前のマルフジ駐車場で行われていた。

 

 

もう、終わり近くの時間だったので、

 

フェンスの外からしばらく眺め、聞いていた。

 

 

やはり、福生はブルースとロックと

 

ソウルミュージックがよく似合う街だ!

 

 

ず〜と前、まだライブハウスUZUのトラオさんが健在の時、

 

ハープの妹尾さんのライブ告知看板を

 

トラオさんに頼まれ夜通し描いたこと思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR