ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.28 Tuesday

エリザベス・コットン と リアノン・ギデンズ

 

エリザベス・コットン と リアノン・ギデンズ

 

エリザベス・コットン(Elizabeth "Libba" Cotten)

 

1895年生まれのシンガーソングライター

「Freight Train」は代表曲

高石ともやとザ・ナターシャセブンも演奏してましたね。

 

 

リアノン・ギデンズ(Rhiannon Giddens)

 

今週の朝日新聞に紹介されてた、

アメリカン・ルーツ・ミュージックを追求する

1977年生まれのシンガーソングライター

 

 

その二人の「Shake Sugaree」

 

 

 

 

 

「Shake Sugaree」はエリザベス・コットンの

孫の名前からきているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.01.21 Saturday

My bubba & Mi

 

あ〜なんて透明感のあるアコースティック音楽なんだろう。

 

アイスランドとスウェーデンの女子二人組。

 

My bubba & Mi   ミィとババ

 

調べるとスローモーション・カントリー・バンド。

 

 

ルックスが良い!そしてキュート!

 

ギターの音色もなんとなくレトロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.15 Thursday

MOROHA のMV と ゆうたさんのライブお知らせ

 

心地よいアコースティックギターの響きとリズム

 

ほとばしる言葉

 

マイクを片手に汗にまみれて

 

これでもか これでもか と言葉が舞う

 

アコースティックのUKとMCのアフロの二人組

 

MOROHA

 

 

何年か前にあじさいでもお世話になってる、

ゆうたさんのCDのデザインを家で一緒にしていた時に

MOROHAって知ってます? とわたくし。

で、ゆうたさんとMOROHAの『奮い立つCDショップにて』

YouTube見てて、いいね〜と

聞いてたことがある。

 

 

これは『tomorrow』MV

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゆうたのうたの宴

『サイレンとナイト』

のお知らせが届きましたのでここに紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.30 Friday

新宿 フォークソングが流れる街

 

たまには、フォークグループらしい情報を。

 

『新宿 フォークソングが流れる街』

 

なぎら健壱さんがホストで進行を務めるコンサート。

 

今回は六文銭、カルメン・マキ、あがた森魚、高田漣が出演。

 

チラシが送られてきたので、ここに掲載。

 

場所は新宿文化センターです。

 

ホールのエントランスでは、

あの『全日本フォークジャンボリー写真展』も展示されている。

笠木透さんの若かりし頃の写真もあるかもね。

これは9月3日〜10月27日まで。

 

 

 

 

 

 

 

六文銭の

 

雨が空から 降れば

 

この曲、好きです。

 

作詞 別役実  作曲 小室等 さんですね。

 

 

 

2016.09.02 Friday

女性シンガーソングライター

 

ギターを手に持って自分の歌を歌うって、それだけで素敵だよね。

 

中学生の頃にURC系のフォークソングが学内で話題になり、

学年でも結構やんちゃな同級生がギターを始め、仲間と歌い出した。

それも岡林信康の歌とかだ。そいつはギターも上手で歌も、はまっていた。

そのクラスの担任は自由な雰囲気で放課後、クラス限定で教室で歌会もしていた。

同級生はその後、スタジオミュージシャンやったり、地元のプロの人たちと

音楽を続けてたりしていたが、同窓会で会った時、話を聞くと親の仕事を引き継ぎ、

今は趣味としてしか、ギターはいじってなさそうだった。残念だよな〜

その頃、女性でギターを弾いて自分で歌うって人は周りにいなかったな〜

あじさいのMちゃんなんかは、故郷に学生でまだいた頃、

『イルカ』の曲なんかを、ギターで弾きながら歌ってたと聞く。

 

 

で、女性シンガーソングライター・・・気になった人をちょっと紹介。

 

 

Predawn(プリドーン)

新潟生まれの東京郊外育ち。

澄んだ歌声と凛とした弾き語りの感じが良い!

ギターのテクニックがすごい!しかも英語で曲を作ってる!

 

 

 

前にも紹介した『NPR Music Tiny Desk Concerts』から

Julien Baker(ジュリアン・ベイカー)

アメリカのメンフィス生まれの20歳みたいだな〜 

エレキギターの弾き語り、いいな〜

でも、手の甲に描かれた落書き?を見ると、何か心の中に抱えたモノがあると思うんだけど。

どうなんだろう?それを歌に表現してるんではなかろうか?

 

 

 

 

もう一人、『NPR Music Tiny Desk Concerts』から

Margaret Glaspy(マーガレット・グラスピー)

カリフォルニア出身のシンガーソングライター

やはり楽器を抱えての歌っていいですね。

 

 

 

それにしても、Julien Baker、Margaret Glaspyが弾いている

フェンダーのテレキャスター・タイプのギター、いいな〜

無骨な平らなボディといい、シンプルなピックアップといい、なんか魅力ある。

 

あじさいは『フォークグループ』とあるが、

最近はエレキも入るし、ドラムも入るしで、『アコースティックグループ』と

憲法フォークジャンボリーでも、表記してる。

初期のあじさいとはだいぶ音楽性が違ってきてるようで、

自分としては、そこが今のメンバーの良い部分だと思ってる。

 

また、気になった女性シンガーソングライターがいたら、紹介します。

 

kinoko

 

 

Powered by
30days Album
PR