ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.08.04 Friday

『憲法フォークジャンボリー in 東京』スケジュール

 

『憲法フォークジャンボリー in 東京』は今日からですよ〜

 

 

■8月4日(金)午後4時〜午後8時(午後3時30分開場)

■8月5日(土)午後1時〜午後8時(午後0時30分開場)

■8月6日(日)午後1時〜午後7時(午後0時30分開場)

 

会場:R’sアートコート(労音大久保会館)

東京都新宿区大久保1-9-10

 

 

 

 

 

初日の みんなで歌おう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.01 Saturday

『ピンチだよ、全員集合!あらばき恊働印刷53周年フェス』

 

『ピンチだよ、全員集合!あらばき恊働印刷53周年フェス』へ。

 

あじさいを代表して行ってきた。入り口でミミオさんと一緒になる。

 

 

 

 

『あらばき恊働印刷』にあじさいライブの入稿をした時に

この日のためのお土産の『関根美子 全仕事』の『増補版』を

お手伝いすることになり、この前の月曜日にデザインした。

おばちゃんは徹夜で印刷したんだと思う。

 

挨拶で都議選の真っ最中で忙しい、辻元 清美さんも駆けつけてきた。

おばちゃんとは『ピースボート』時代からの付き合いのようです。

 

さて、この日のフェスは日本福音ルーテル東京教会の

関野牧師の「お前たちは、今日からみなクリスチャン!」の叫びと弾き語りから始まり、

 

 

 

ヤイレンカの親子のアイヌの踊りと唄が続いていきます。

 

 

 

そして本日の『フェス』のゲスト、知久 寿焼さんの登場!

あの独特の歌声が小さなギターで始まりました。

 

 

 

おばちゃんは最初からずっと踊っています。

 

 

おばちゃんの広い交友関係が知れた日でした。

辻元さんも、知久さんも沢山の人が、おばちゃんの家にお世話なってたみたい。

 

沖縄から、おばちゃんの娘さんも駆けつけていた。

 

 

心の垣根のひろ〜い、おばちゃん!

だから、こんなに集まり、心配しながらも、楽しんでいる!

 

 

 

 

 

さて、お土産の『関根美子 全仕事』です。

『増補版』の部分のみお手伝いです。

 

 

 

 

 

 

では、

 

9日の『フォークグループあじさい』ライブもお忘れなく!

 

 

 

 

 

2017.06.14 Wednesday

牧師カフェに行ってきた

 

あじさいライブの当日のパンフレットを入稿するために大久保へ。

 

いつもの印刷のおばちゃんが、昼間に牧師カフェにいるというので、

 

日本福音ルーテル東京教会に行ってきた。

 

 

 

そこの主任牧師さんは憲法フォークジャンボリーでも顔なじみの

 

『牧師ROCKS』のロックミュージシャンでもあります。

 

とても開かれた教会で、1階で毎週の水曜日に『牧師カフェ』が開かれる。

 

ちょうど行った時にはその日のライブは終わっていて、おばちゃんがいた。

 

福祉作業所の手作りパンと飲み物がある。

 

パン売り場に顔なじみの女性がいて、びっくり!

 

で、おばちゃんのあらばき恊働印刷に移動して、無事原稿を入稿してきました。

 

当日のパンフレットをお楽しみにね!

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.25 Thursday

「ピンチだよ、全員集合! あらばき53周年フェス」開催のお知らせ

 

毎年、『憲法フォークジャンボリー in 東京』や

あじさいライブで発行している『あじさい新聞』でも

すご〜くお世話になっている

『あらばき協働印刷』のおばちゃんからの呼びかけです。

 

 

右でアイヌの衣装で踊ってるのが、おばちゃん

 

 

 

ぼくがず〜と若い頃に初めて『あらばき協働印刷』のことを知ったのは

『なまえのない新聞』という

ミニコミ紙(そうカテゴリーしていいかわからずですが)です。

西荻窪のホビット村とかに置いてありました。

 

その後、『憲法フォークジャンボリー in 東京』が始まり

そのパンフレットを担当するようになってからのおつきあいです。

みんなから「おばちゃん」と呼ばれ親しまれています。

おばちゃんの印刷屋さんがなければ、みんな困ります!

 

そこで

 

『ピンチだよ、全員集合!あらばき恊働印刷53周年フェス』のお知らせです!

 

最近、あらばきの経営がいままでになく厳しい状態にあります。

今まで色んな事にトライしてきたおばちゃんでしたが、年齢もあり、昔のような体力もなく新しい事に取りかかるリスクを負うことが難しくなりました。が、まだ数年は今の状態を続けていかなければなりません。

 

ついては、今までお世話になったおばちゃんへの励ましも含め、また、あらばきの50周年パーティーも開催していなかったので、政治家のパーティーのノリで、53周年パーティーを開催することになりました。

 

大きな会にしたいと思ってます。皆様のご参加、お誘いをお待ち申し上げております。

 

呼びかけ人 飯塚敏雄、金井昌行、木瀬貴吉

 

 

日時  7月1日土曜日  開場14:00  スタート14:30   17:00終了

場所  日本福音ルーテル東京教会 (JR新大久保駅下車 徒歩3分)  

〒169-0072東京都新宿区大久保1-14-14

会費   1万円以上 (食べ物飲み物差し入れ大歓迎〜)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

当日は、牧師ロック(関野牧師だけだと思うけど)、とヤイレンカ(アイヌの踊りと唄)。その他。

関根美子全仕事(増補版つき)がおみやげ。

 

とのことです。

 

駆けつけなきゃ!

 

 

 

 

 

2017.05.21 Sunday

池上・養源寺でのコンサート

 

「森田智子ワンマンコンサート『和X音・言・体』vol.10」

音闇〜Cobalt〜星を探しに

 

池上線に乗って、池上へ。歩いて15分ぐらいのところに養源寺はある。

 

 

 

あまり行く機会がない街を歩いただけで、なんか面白い。

グーグルの地図を頼りにお寺へたどり着く。

 

今回は公演の舞台は撮影が禁じられていたので残念ながら撮れず・・・

 

 

舞台は演者が古本屋で手にした

永山則夫『無知の涙』からインスパイアされ、ご自身の人生を振り返りつつ

挑んだ舞台のステージです。

 

森田ワールドが『養源寺』という場を得て、今まで以上に繰り広げられていた!

 

 

共演者に舞踏の方、自作楽器で即興演奏をする方、5弦ベースを巧みに操る方、

が舞台を盛り上げていた。

 

 

帰りに池上の『定食居酒屋かかし』というところへ〜イン。

 

 

 

あじさいの茂ちゃん、ここの『東京大田汐焼きそば』を気に入ったようで

 

 

確かに『シメの一品に』ぴったり。その他にも定食が多々あり、

つまみとともに食べ過ぎてしまったのだった。

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR