ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.06.26 Monday

暑い日には、やっぱ カレー!

 

暑い日にはカレーがいいんじゃないかな〜

やはりインドでカレーってのは合ってると思う。

 

久々にライブ練習がない日だったので(自主練習しなきゃならんのだが・・・)

カレーを作ってみる。『バターチキン』である。

 

この前、テレビのNHKの『趣味どきっ!』という番組を見てたので

早速、テキストを購入して参考にしながら。

 

 

「たまねぎ」を使わずとあったのだが、そこはやはり「たまねぎ」好きなものとして

外せないのだ。で、「鶏もも肉」を中心に。

 

インド北部の宮廷料理らしい。美味しさのコツは最後に入れる「生クリーム」とある。

 

カレーなんで、テキストには書いてない赤ワインや残ってた香辛料を足していく。

普通のカレー粉も入れて整えていく。

 

 

出来上がり・・・美味しかったです。

 

 

 

ホント、カレーはキーマカレーも自分が作るのが一番美味しいかと・・・

 

それでいいのだ!

 

『ナン』もついでに「強力粉」を基に作ってみる。

 

 

やたらこねてから時間おかなくちゃならないので、

出来上がりは、食後になってしまった。

 

 

 

 

バターチキンカレーとナンでした!

 

 

では、あじさいライブでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

2017.06.21 Wednesday

あじさいライブ近づいてきました!

 

ライブに向けての練習も押し迫ってきました。

 

この週末は9時間、スタジオにこもりました。

 

 

 

皆、悩みながら、あ〜できない! と嘆きつつも 挑んでいます!

 

 

 

 

あと皆が練習で集まれるのも僅か・・・

 

ま、当日は楽しんでいこうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

フォークグループあじさい爐Δ燭い弔鼎韻覘瓮薀ぅ屐

 

ゲスト:井上ともやす

 

2017年7月9日(日)

16時30分開場/17時開演 2000円

 

会場:R’sアートコート(労音大久保会館)

東京都新宿区大久保1-9-10

※小学生以下無料/「愛の手帳」の利用者様と付き添いの方1名様 半額

 

 

 

 

 

 

2017.06.14 Wednesday

牧師カフェに行ってきた

 

あじさいライブの当日のパンフレットを入稿するために大久保へ。

 

いつもの印刷のおばちゃんが、昼間に牧師カフェにいるというので、

 

日本福音ルーテル東京教会に行ってきた。

 

 

 

そこの主任牧師さんは憲法フォークジャンボリーでも顔なじみの

 

『牧師ROCKS』のロックミュージシャンでもあります。

 

とても開かれた教会で、1階で毎週の水曜日に『牧師カフェ』が開かれる。

 

ちょうど行った時にはその日のライブは終わっていて、おばちゃんがいた。

 

福祉作業所の手作りパンと飲み物がある。

 

パン売り場に顔なじみの女性がいて、びっくり!

 

で、おばちゃんのあらばき恊働印刷に移動して、無事原稿を入稿してきました。

 

当日のパンフレットをお楽しみにね!

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.08 Thursday

キャラ弁

 

ママたちがお子さんのために作る『キャラ弁』はよく見るが

 

これを見たときは、このセンスに感心し、笑ってしまった。

 

まさか、こ〜なるなんて、素材たちもおもわなかったろ〜な〜

 

 

 

 

ニャハ!

 

写真は拾いの写真画像です。

作者の方、無断使用ごめんなさい。(出所不明なり)

 

 

 

 

2017.06.01 Thursday

横尾忠則さんの版画を見に行くの巻

 

確か二十歳の頃だったと思う、横浜の鶴見区にある

曹洞宗の大本山「總持寺」で「横尾忠則」のシルクスクリーンの個展を

デザイン学校のガールフレンドと一緒に見に行った。

 

その頃の「横尾忠則」は精神世界に入っていった時期で

そのシルクスクリーンに描かれた世界と、会場に流れていた

「Tangerine Dream」の音楽とですっかり自分もその世界に魅了されてしまった。

丁度、髪の毛も伸ばし放題で自由な中にいたころだ。

 

その時の貴重な本。

 

 

 

 

そんなことを思い出しながら、町田市で開催されてる

横尾忠則 HANGA JUNGLE」を見に行く。

 

会場は町田市立国際版画美術館。初めての場所。

 

 

駅から歩いて15分ぐらいの緑が沢山ある場所にある。

 

 

 

 

 

会場に入ると携帯で写真を撮ってる人がいる。

あれ〜、いいんだ〜 撮っても・・・

 

 

一応係りの人がいたので確認するとフラッシュ焚かなければ良いとのこと。

しかも個人のSNSへの掲載も良いとのこと。

 

最近、大きなライブでも写真OKとか寛容になってる。

 

で、ちょっと幾つか紹介なり。

 

 

 

 

 

 

 

6月18日(月曜休館)までです。

 

 

町田市立国際版画美術館がある「芹ヶ谷公園」の

「虹と水の広場」にある巨大な動くオブジェ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.25 Thursday

「ピンチだよ、全員集合! あらばき53周年フェス」開催のお知らせ

 

毎年、『憲法フォークジャンボリー in 東京』や

あじさいライブで発行している『あじさい新聞』でも

すご〜くお世話になっている

『あらばき協働印刷』のおばちゃんからの呼びかけです。

 

 

右でアイヌの衣装で踊ってるのが、おばちゃん

 

 

 

ぼくがず〜と若い頃に初めて『あらばき協働印刷』のことを知ったのは

『なまえのない新聞』という

ミニコミ紙(そうカテゴリーしていいかわからずですが)です。

西荻窪のホビット村とかに置いてありました。

 

その後、『憲法フォークジャンボリー in 東京』が始まり

そのパンフレットを担当するようになってからのおつきあいです。

みんなから「おばちゃん」と呼ばれ親しまれています。

おばちゃんの印刷屋さんがなければ、みんな困ります!

 

そこで

 

『ピンチだよ、全員集合!あらばき恊働印刷53周年フェス』のお知らせです!

 

最近、あらばきの経営がいままでになく厳しい状態にあります。

今まで色んな事にトライしてきたおばちゃんでしたが、年齢もあり、昔のような体力もなく新しい事に取りかかるリスクを負うことが難しくなりました。が、まだ数年は今の状態を続けていかなければなりません。

 

ついては、今までお世話になったおばちゃんへの励ましも含め、また、あらばきの50周年パーティーも開催していなかったので、政治家のパーティーのノリで、53周年パーティーを開催することになりました。

 

大きな会にしたいと思ってます。皆様のご参加、お誘いをお待ち申し上げております。

 

呼びかけ人 飯塚敏雄、金井昌行、木瀬貴吉

 

 

日時  7月1日土曜日  開場14:00  スタート14:30   17:00終了

場所  日本福音ルーテル東京教会 (JR新大久保駅下車 徒歩3分)  

〒169-0072東京都新宿区大久保1-14-14

会費   1万円以上 (食べ物飲み物差し入れ大歓迎〜)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

当日は、牧師ロック(関野牧師だけだと思うけど)、とヤイレンカ(アイヌの踊りと唄)。その他。

関根美子全仕事(増補版つき)がおみやげ。

 

とのことです。

 

駆けつけなきゃ!

 

 

 

 

 

2017.05.21 Sunday

池上・養源寺でのコンサート

 

「森田智子ワンマンコンサート『和X音・言・体』vol.10」

音闇〜Cobalt〜星を探しに

 

池上線に乗って、池上へ。歩いて15分ぐらいのところに養源寺はある。

 

 

 

あまり行く機会がない街を歩いただけで、なんか面白い。

グーグルの地図を頼りにお寺へたどり着く。

 

今回は公演の舞台は撮影が禁じられていたので残念ながら撮れず・・・

 

 

舞台は演者が古本屋で手にした

永山則夫『無知の涙』からインスパイアされ、ご自身の人生を振り返りつつ

挑んだ舞台のステージです。

 

森田ワールドが『養源寺』という場を得て、今まで以上に繰り広げられていた!

 

 

共演者に舞踏の方、自作楽器で即興演奏をする方、5弦ベースを巧みに操る方、

が舞台を盛り上げていた。

 

 

帰りに池上の『定食居酒屋かかし』というところへ〜イン。

 

 

 

あじさいの茂ちゃん、ここの『東京大田汐焼きそば』を気に入ったようで

 

 

確かに『シメの一品に』ぴったり。その他にも定食が多々あり、

つまみとともに食べ過ぎてしまったのだった。

 

 

 

 

2017.05.12 Friday

西荻窪 喜田屋(きたや)さんの豆大福

 

西荻の和菓子屋さんといえば、喜田屋さんではないかな〜

 

 

 

 

特にみんなに愛されてるのが『豆大福』です。

 

 

ほどよい甘さの餡子に塩分のあるお豆がたっぷりと薄皮に包まれてるのです。

 

 

これで、140円。

 

午後遅めに行くとすでに売り切れていることが・・・

 

 

 

あじさいの仲間であるブログ・ホッパーミミオさんのブログには

 

阿佐ヶ谷の和菓子屋『マスヤ』さんが紹介されていた。

 

そこの『豆もち』も大きいですな〜

時々、阿佐ヶ谷で通る時に気になっていたので今度は訪れてみようかな〜

 

西荻の喜田屋さんの並びにはいつもお世話になっているスタジオUENがあります。

 

 

 

あじさい、ライブに向けて進行中!

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR